著作権について


ビックリマークロゴの作成で問題になりやすい点として著作権があります。著作権のトラブルは多いため、十分に注意しましょう。基本的にはデザイナーにロゴをデザインしてもらい、それをクライアントが買い取ることによって著作権も得られるという場合が多いです。ただし、著作権がデザインをした側にあり、それを利用する権利を得る使用許諾方式もあります。

また、買い取り方式だったとしても、著作権の一部だけを買い取り、デザイナーの方にも著作権の一部が残り続けるということもあります。このような点については契約書でしっかりと著作権を誰が有しているのかはっきりさせておくべきでしょう。そうしないとあとでトラブルに発展する可能性があるのです。

また、ロゴデザインの制作を依頼する際には、商標の調査をしておきましょう。商標に抵触してしまう可能性があるからです。ロゴデザインについては、それが何かをパクっていないかもよく確認しておきましょう。著作権に違反している可能性もあるからです。デザイナーだからといって、絶対に剽窃はしないとは限らないからです。クライアント側からしっかりと著作権の問題がないのか確認しておくべきでしょう。以上の点に気をつけましょう。